PAGE TOP

アトトックラボ

20171226

アトトックは10年目

アトトックは今月から10期目を迎えました。
2008年12月4日に会社を設立し9年間、
いろいろな人に支えられ、またいろいろな人と出会いがあり続けてこれたと思います。
現在、埼玉の戸田オフィスに4名、長崎の佐世保オフィスに1名のアトトックは5名体制で
アプリ開発やウェブ制作の受託、自社製品の開発を進めています。

私がアトトックを設立した時に決めた目標が3つあります。

  1. 好きなことを仕事にする。
  2. 地方で仕事ができる仕組みづくり。
  3. 製品とサービースの会社にする。

好きなことを仕事にする

開発や技術的な分野など、やりたい方向の仕事ができているのではないかと思います。
アトトックのメンバーもやりたい分野の開発や、自社製品の開発、コンテンツの制作など
ある程度、「好きなことを仕事にする」は実現できているのではないでしょうか。

地方で仕事ができる仕組みづくり

会社を起業した時に、戸田市が運営する戸田市企業支援センター (通称 オレンジキューブ)に入居しお世話になりました。
3年がすぎてオレンジキューブを卒業し、戸田市内にオフィスを借り現在も本社はそこで営業しています。
会社を設立した当初から、私の出身地の長崎で仕事ができる仕組みを作りたいと考えていました。
起業して5年になるころ、とにかく動いてみないと始まらないと考えました。
まず、佐世保市が運営している佐世保市産業支援センターを訪ねました。
そこでアドバイザーの方と何回か相談し、佐世保市産業支援センター内のインキュベーションルームに入居することを決めました。
2014年3月に佐世保オフィスを開設しました。
その時はプライベートで落ち込んでいる時でしたが、とにかくやってみなければ始まらないという思いで動きました。
開設してからしばらくの間は、オフィスに誰もいない状態が続いていましたが
現在は、1名のスタッフを置いて長崎県内の案件やや本社で受託した案件の開発を行なっています。
今後は、佐世保オフィスは開発拠点として拡張して行くつもりです。

入居した当時の佐世保オフィス

佐世保オフィス

製品とサービスの会社にする

一番の目標の「製品とサービスの会社にする」というところがなかなか進んでいない状況です。
会社を設立してすぐに、iOSアプリの10YearsとNikoNikoLogをリリースしました。
その後リリースした、トーキングブックシリーズはオープロジェクトとの出会いから始まりました。
私がオープロジェクトの軍艦島の写真展に行って、そのことをSNSの日記に書いたことがきっかけです。
トーキングブックシリーズの軍艦島黙示録は、vol.01からvol.03をリリースしました。
軍艦島黙示録 vol.01「軍艦島ベストビューコメンタリー」
軍艦島黙示録 vol.02「昭和のタイムカプセル」
軍艦島黙示録 vol.03『1972 青春 軍艦島』外伝
2012年春に解体された川南造船所をテーマにした廃墟百花 さよなら川南造船所、
廃道をテーマにした廃道クエスト、
仏像をテーマにした仏像でGo! 壱 如来編、仏像でGO! 貮 菩薩編
コメビツくんのぬりえは、弊社のイラストレータの松村が学生の頃に描いていたキャラクターのイラストから始まりました。
10Yearsをウェブ版を2013年12月にリリースしました。

アトトックメンバー

出会いから始まる

製品開発は、私がやりたいことと人との出会いから始まっています。
トーキングブックシリーズはオープロジェクトとの出会いから始まりました。
コメビツくんは、私の知人の紹介で松村を紹介されたことから始まりました。
コメビツくんのことを初めて知ったのは、松村の実家で松村が学生の頃に描いていた
コメビツくんのイラストを見せてもらったことがきっかけです。
長崎から戻ってすぐに松村にこのコメビツくんをどうにかしようと言ったのが始まりです。
10Years Web版を担当している佐藤とはTwitterで知り合いました。
当時、近所に住んでいたこともありオフ会を開催して
なんとなく仕事をお願いすることになりました。
その後、いろいろな面で協力してもらい今年の4月からアトトックの取締役に就任しました。
佐世保オフィスの出口とは、長崎市内で開催されているPHPの勉強会「ぺちぱな。」で出会いました。
佐世保オフィスに人が確保できない状態が続いていて、誰かいないかと思い参加すると
たまたま転職を考えていた出口に出会いました。
後日、長崎空港で会って話をしてアトトックに合流してもらうことになりました。
今年の4月に入社したネパール人のスニタは、知人の紹介でアトトックに入社することになりました。
入社する数ヶ月前に、知人から学生でIT関係勉強しているネパール人の女性がいることは聞いていて
ある日、スニタがバイトしていた飲食店に食事に行くと、
ネパール人らしい女性がいたので、「もしかしてスニタ?」と声かけたことが始まりです。
後日、話をしてアトトックに入社することになりました。
今はプログラミングの勉強中ですが、数ヶ月後、数年後にはプログラマーとして育っていくでしょう。
今後、ネパール関連で何か仕事ができると面白いかもしれません。

アトトックメンバー

9年間で形になったものも多くあります。
9年間を振り返ってみると、
考えていても始まらない、とにかく動いてしまえ!
この動いてしまえと、根気強く続けることで実現できたと思います。
しかし、まだまだ会社設立当初にやろうとしていたことには到達していません。

夢は思い描くだけでは実現しません。
思い描いて行動することで始まります。
10年目を迎えてアトトックは、原点に立ち製品とサービスの会社を目指します。
今まで通り受託開発を行いながら、時間の確保と資金の調達を進め自社製品の開発を進めます。

経営理念の「アイデアをカタチにするアトトック」
この思いで10Yearsを中心にしたサービスの開発を進めます。

今までやってきたことの点が繋がり線になって、もっと多くの方に使っていただけるようなサービスに育てていくつもりです。

お問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でご連絡ください。
Btn mail
Btn tel

アトトックラボとは?

株式会社アトトック のメンバーが技術の話、デザインの話、キャラクターの話、ときどき脱線してガジェットの話やライフハックの話など好きなことを書いています。


最近の記事


タグ