Close icon

アトトックラボ

2019月08日09日

NikoNikoLog 開発の記録 (5) - ホーム画面に追加して使うとアプリじゃないのにアプリ(っぽく)なります。お知らせ?重大発表?

前回の記事では開発中の画面のスクリーンショットを一部公開しました(右の画像)。

「モバイルウェブ版の開発の話」としているのに、このスクリーンショット、Safari のアドレスバーが無かったりしていることにお気づきの方がもしいたら鋭いです。

NikoNikoLog の次期大規模アップデートでは、Safari で NikoNikoLog を開いた状態で「ホーム画面に追加」すると、ほぼそのままアプリのようなインターフェイスで使うことができるようになるんです。

2019月08日08日

NikoNikoLog 開発の記録 (4) - ニコニコカレンダー、初登場から10年の時を経て遂に生まれ変わる 【 開発中の画面を初公開!】

前回前々回はかなり開発寄りな記事になってしまいました。今回は遂に次期リリース予定の NikoNikoLog の開発中の画面のスクリーンショットを少し公開しちゃいます。

別に公開を勿体ぶっていたわけではないんですが・・・あくまでも開発中の画面です。実際、現時点では開発フェイズとしてはかなりリリースに近い段階に来ているのですが、それでも日々の開発やテスト、レビューの中で画面設計など変わる部分があったりします。

そこのところをご理解いただいた上で、開発中の画面をみていただけたら幸いです。

2019月08日07日

loggerjs の話と製品開発から生まれる成果物

個人の GitHub でですが・・・loggerjs を公開してみました。loggerjs は JavaScript でフロントエンドの開発を行う際に欠かせない console.log をもうちょっとうまいこと使いたいって願望から開発しました・・・なーんて書いてみるのもいいんですが、実際はそういう console.log を使った作業が、TAppKit の開発自体、そしてそれを利用している NikoNikoLog の次期大規模アップデート の開発には必要不可欠な状態になったことから、もともとは TAppKit への組み込みライブラリとして CoffeeScript で開発していたものを、コンパイル不要で弄りたい人は弄りたい放題になるはずの JavaScript に書き換えて公開しました。

loggerjs の概要

loggerjs は、以下のようにウェブブラウザの開発ツールの Console にログを出力します。

loggerjs

機能としては単純なものが多いのですが、主な機能は以下の通りです。

  • DEBUG, INFO, WARN, ERROR の4つのログのレベルに対応
    • 各レベルのログは接頭辞にレベルをつけて、指定された色(オプションでも設定可能)で出力
  • 初期化時に動作環境を設定してやることが可能(後述)
  • オプションでログの出力元の情報も付与可能、省略も可能(スクリーンショットの [INFO] ↳ MobileNikoNikoLogApp の部分はログの出力元)
2019月08日07日

NikoNikoLog 開発の記録 (3) - TAppKit が生まれ、その開発がはじまった

またまた前回に続き、NikoNikoLog のモバイルウェブ版の開発の話、しかもまた前回から引きずっているフロントエンド用フレームワーク開発の話です。

完全に開発者向けの記事が続いてしまって申し訳ありませんが、もうちょっとだけお付き合いください。

2019月08日06日

NikoNikoLog 開発の記録 (2) - CoffeeScript or JavaScript と CSS でフロントエンド用のフレームワークを作ることになった

前回に続き、NikoNikoLog のモバイルウェブ版の開発の話です。

書かなきゃいけないことはたくさんあって、今整理しながら書いているのですが、ひとまず今回は完全に一般の方より開発者向けな話になってしまうかも。それではスタート。

2018月06日17日

JavaScript の文字列検索と使い分け

JavaScript で文字列を検索する場合、いくつかの方法が用意されている。

  • indexOf
  • match
  • test
  • search

とりあえず違いを表にしてみた。他にも exec とかあった気がするけど、とりあえず。

単純な文字列 正規表現 戻り値 クラス
indexOf × Integer (マッチしたインデックス) String
match Integer (マッチしたインデックス) String
test Bool RegExp
search Integer (マッチしたインデックス) String

使い分けとベンチマーク

まずはそれぞれの検索スピードのベンチマークを資料として。

JavaScriptで文字列の有無判定方法の速度ベンチマーク(indexOf、match、test)

ちなみに上記の表で「単純検索」で△が多いのは、正規表現を使って単純検索するとかならできるから・・・みたいな感じです。

次にそれぞれの使い分け方をざっくり書いておく。

2017月11日27日

jQuery プラグインを定義してみる

jQuery は重いけど嫌いじゃないです。

重い重いって言われながら、もう何年にもわたって第一線にいるわけでは、jQuery からの依存を100%断つことはなかなか難しい。逆にどっかで jQuery が何かしらの形で使われていれば、Yet Another な部分でも jQuery 使っておいた方がいい気もします・・・なんて独白はおいておきまして。とりあえず、Rails + Bootstrap でウェブなアプリを作れば意図的に外さない限り jQuery は使うことになりますし。

一応、jQuery プラグインの最低限の仕組みだけ理解しておきましょう。

jQuery.fn.NameOfPlugin = function() {
    this.change( function () {
      console.log($(this).val());
    })
};

NameOfPlugin 部分がプラグインの名前になります。

上のコードを $(input[type=text]) なDOMに適用してやると、入力されているテキストが変更された時にログを履くようになります。

  $( function () {
    $('input[type=text]').NameOfPlugin();
  });

あくまで基本的な定義の仕方ってだけのサンプルなので、そこに意味は求めないでください。

2017月11日15日

jQuery でチェックボックスの状態を取得/設定する

jQuery でチェックボックスの状態を取得したり設定したり、結構よく使うのに方法がいろいろあったりします。ただ現時点(2017年11月)での最適解はおそらく今回紹介するもの。

<input type="checkbox" name="checkbox_1" checked>
<input type="checkbox" name="checkbox_2">

チェックボックスがチェックされているかを取得する。

// 便宜的に式で評価してみる
if ( $('input[name=checkbox_1]').prop('checked') ) {
  console.log('true');
} else {
  console.log('false');
}

// 別に以下でも確認できる
console.log( $('input[name=checkbox_1]').prop('checked') );

jQuery のセレクタで書いている部分はお好きに。

次にセレクタで指定したチェックボックスにチェックを入れる。

$('input[name=checkbox_2]').prop('checked', true);

最後に同じ方法でセレクタで指定したチェックボックスのチェックを外す。

$('input[name=checkbox_2]').prop('checked', false);

このくらいはテンプレ的に覚えておくと便利です。

アトトックラボとは

株式会社アトトック のメンバーが技術の話、デザインの話、キャラクターの話、ときどき脱線してガジェットの話やライフハックの話など好きなことを書いています。


最近の記事


タグ