Close icon
2019月05日13日

勇者コメビツくんがカードゲームになって登場!ゲームマーケット2019春で先行販売します!

突然ですが。

勇者コメビツくんがカードゲーム、カードバトルになります。

パタクルダイススマッシュ〜勇者コメビツくん ポカスカバトル〜

弊社がお取引先様に毎年お送りしているコメビツくんカレンダー。今年は彩の国ビジネスアリーナ2019の会場でも配布しましたが、最新作の2019年のカレンダーは「勇者コメビツくんカレンダー2019」でした。

そして、その勇者コメビツくんがカードゲームとなって今月25日、26日に東京ビッグサイトで開催される「ゲームマーケット2019春」で先行発売することになりました。

2018月10日31日

GrowiのCSSを上書きしてデザインが微妙で落ちてしまうモチベーションを上げる

社内ナレッジの蓄積周りの取り組みを出口がしてくれています。

以前、HackMDで社内ナレッジの蓄積を・・・みたいなことがあったのですが、結局HackMDで少し問題が発生してGrowiを導入するに落ち着きました。

Screen shot of Growi overridden by origial CSS

ただGrowiの画面がイケてない・・・って思うとCSSをオーバーライドする癖のある自分。今回もオーバーライド用のCSSを作ってみました。

2018月10日23日

BottomNavigationViewのテキストを常に表示

最近はKotlinを使って、Android案件を進めています。
今までiOS案件ばかりこなしていたため、違いに戸惑っているところです…。

さて、AndroidにもiOSで言うところのTabBarController的なものがあります。
ですが、これがデフォルトだとアイコン下のテキストもアクティブ時しか表示されません。
BottomNavigationViewのテキスト

テキストを常に表示するには、layoutのxmlファイルでBottomNavigationViewに
app:labelVisibilityMode="labeled"
を追加します。簡単ですね。

supportLibraryが古いバージョンの情報が多くヒットしたため調査して投稿した次第です。
なお、古い書き方では以下のとおり。
// supportLibrary:28以降だとsetShiftingModeでExceptionが発生する
bottomNavigationItemView.setShiftingMode(false)
bottomNavigationItemView.setChecked(false)

動作確認したライブラリのバージョン
supportLibrary: '28.0.0'

2018月07日29日

Raspberry Pi の Rails で Hue をコントロールできるようにしてみた

土曜日の朝、仕事をしていたら最近あまり使っていない Raspberry Pi と本体ジャストサイズの多分 3.5 インチくらいのタッチパネルがあったので、書斎用に時計を作ってみました。

時計自体は HTML と JavaScript と CSS でなんとかなるなー、と思ったのですが、どうせなら部屋の照明(自宅の照明は基本的にほとんど Hue)もコントロールしたくなってしまって、じゃあ Rails で作ってみようと。なので HTML は haml、JavaScript ではなくて CoffeeScript で書いたんですが・・・。ちなみに時計の下に表示されている天気はテキトーに API 叩いて取ってるんですが、今回はそっちは端折ります。

そんなわけで Hue を Ruby から扱う方法の備忘録。

2018月07日20日

Visual Studio Codeでruby-debug-ideを使ってデバッグ

弊社の開発メンバーは、AtomやVisual Studio Code、Emacsなどそれぞれが好きなエディタを使用してRailsのアプリ開発を行なっています。

私は以前はAtomを使っていましたが、Atomにプラグインを入れすぎたからか重くなったので
ここ1年くらいはVisual Studio Codeを使っています。
Railsのデバッグはpryです。

Visual Studio Codeを使っていると右側にDebuggingアイコンが表示されています。
今まであまり気にしていなかったのですが
これ、どうやって使うんだと思い使ってみました。

2018月06日28日

Let's EncryptのSSL証明書を使ってみた

Let's Encryptについて

Let's Encryptは2016年4月に正式に開始された認証局で、無料で利用できるSSL証明書を提供しています。
Let's Encryptのコマンドライン、certbotを使用するとSSL証明書の取得や更新が行え自動化できるようになります。

環境

  • サーバー : さくらのVPS(CentOS7)
  • Webサーバ:nginx

Let's Encryptで取得したSSL証明書を開発用のサーバーにインストールしてみます。

2018月06日22日

.gitignoreのテンプレートを利用する

新しくプロジェクトを開始しgitでソースを管理する場合は.gitignoreを作成しますが、
githaubからgitignoreのテンプレートを取得すると便利です。

https://github.com/github/gitignore

2018月06日20日

Dialogflowでチャットボットを作ってみた

GoogleのDialogflowで簡単なチャットボットを作成ししたみたので手順などご紹介します。
今回は、Dialogflowでチャットボットを作成しAction on GoogleのSimulatorで実行してみました。

Agentを作成

最初にDialogflowのページからAgentを作成します。

Agentを作成

2018月06日20日

HackMD + Nginxで社内ナレッジをイイ感じに整理する

導入背景

弊社ではBacklogを使ってプロジェクト管理をしています。
そのBacklogではWikiや課題に対するコメントにTipsとか問題解決策とか様々な社内ナレッジが蓄積されています。
蓄積されてはいます…が…それが散在していて中々探しづらい、または似たような記事があったりするため、整理しようと思いたちました。

どのツールを使用するか?

整理しようとは思いましたが、どんな方法で、どんなツールを使用するか色々と悩みました。
が、以下のようなメリットから HackMD を使用することにしました。

  • リアルタイムプレビュー
  • URLから共同編集ができる
  • スライドモード(社内会議で使える)
  • Tag管理
  • パッと開いてすぐ書ける(←これ大事)

HackMDのTOP画面
凄くシンプルなTOP画面です。
新しく作る・削除する・検索する、とやりたいことがコンパクトにまとまっています。

2018月06日17日

JavaScript の文字列検索と使い分け

JavaScript で文字列を検索する場合、いくつかの方法が用意されている。

  • indexOf
  • match
  • test
  • search

とりあえず違いを表にしてみた。他にも exec とかあった気がするけど、とりあえず。

単純な文字列 正規表現 戻り値 クラス
indexOf × Integer (マッチしたインデックス) String
match Integer (マッチしたインデックス) String
test Bool RegExp
search Integer (マッチしたインデックス) String

使い分けとベンチマーク

まずはそれぞれの検索スピードのベンチマークを資料として。

JavaScriptで文字列の有無判定方法の速度ベンチマーク(indexOf、match、test)

ちなみに上記の表で「単純検索」で△が多いのは、正規表現を使って単純検索するとかならできるから・・・みたいな感じです。

次にそれぞれの使い分け方をざっくり書いておく。


アトトックラボとは

株式会社アトトックメンバー が技術の話、デザインの話、キャラクターの話、ときどき脱線してガジェットの話やライフハックの話など好きなことを書いています。


連載記事


最近の記事


タグ